必要な物品について(広島版)

(BCの必要物品です BICは講師と相談必要)

​<注意>平成30年1月12日現在の情報に基づいて記載しています

    BC:ベーシックコース

   

    BIC:ベーシック・インストラクターコース

コース開催日(本部に事務業務委託しない場合)

(〇は主催者側が準備、は事務局から送付されます)

〇 受講者名簿(例)

 〇 タイムスケジュール(BC、BIC)

 〇 受講者&講師用の名札、カード

 〇 領収証(全員分用意しておく)

 〇 講師謝礼等(源泉徴収票を渡し、マイナンバー・領収証を受け取ること)

  〇 受講前・受講後テスト、集計表(BCのみ) 

  〇 受講後アンケート(BC、BIC)

  〇 シナリオ6種(シナリオ実習時に配付 ※禁・両面印刷)

 〇 講師用資料(講師に事前にメール送付 忘れてくる人いるので予備準備)

 ● 受講者用資料等(事前に送付されてくるもの)

  ・ 急変の感知(A4判4枚)

  ・ 受講修了証

  ※初回開催時は、テスト、集計表、アンケート、シナリオ、講師用資料は本部からもらう

コース開催中:講義 

 〇 パソコン、プロジェクター、スクリーン、マイク

 〇 動画:良い例 悪い例

 〇 座学講義スライド(講師によって内容が異なる場合があるので確認すること)

   産婦人科医:プロトコール解説(20分)

   ・救急医:産科急変BLS(BLS実習と合わせて20分)

コース開催中:BLS実習(胸骨圧迫)

 〇 BLS シミュレーター(3人につき1体)心肺蘇生用専用マネキン

 〇 BLS 実習用足台(シミュレーターをテーブルに設置の場合)

 〇 BLS 実習用音楽(YouTube 検索ワード:“蘇生” ”diamonds”)

コース開催中:シナリオ実習(3ブースの場合)

 〇 シミュレーター:SimMan 3体(1ブースに1体)

 〇 バイタルモニターは、シナリオ1はSimPadPad、シナリオ2・3は救トレを使用

 〇 役割ゼッケン(医師、助産師、看護師、家族など):3セット

 〇 AED、聴診器、点滴棒:3つ 

 〇 心電図、血圧計、SpO2、NST:3つ(タオルやクリップで代用)

 〇 酸素マスク、リザーバー付き酸素マスク、バックバルブマスク:3つ

  〇 点滴バッグ:生理食塩水500ml、VeenF500ml、生理食塩水100ml:3つ

         シナリオ3は、ビクシリン100ml、マグセント100mlを準備

 〇 シリンジ

  ・シナリオ1は、アドレナリン、エフェドリン

  ・シナリオ2は、アトニン、パルタン

  ・シナリオ3は、アドレナリン・セルシン・ステロイド、ペルジピン

 〇 ホワイトボード(紙を貼ることのできる壁でも可)、磁石、セロテープ

 〇 踏み台(シナリオ1の胸骨圧迫時に使用)

 〇 ルート確保用に人形の腕につけるラベル付き輪ゴム(18G、20G、22G表記)

 〇 挿管チューブ、経鼻エアウェイ、喉頭鏡:3つ

 〇 バイトブロック、吸引カテーテル:1つ シナリオ3

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now