開催申請までにすること(広島版)

​<注意>平成30年1月12日現在の情報に基づいて記載しています

 J-CIMELSのホームページを熟読しましょう

 母体救命公認講習会開催要項を確認しましょう

☆以下はJ-CIMELS HIROSHIMAでの開催要項

 ・「母体急変時の初期対応」を母体救命コーステキストとする

 ・ 救急科または麻酔科、および産婦人科からそれぞれ1名の「コース開催世話人」が

   参加し、母体救命コースの質を保証する

  ・ 母体救命プロトコール解説レクチャーを含み、開催時間は4時間以上とする

 

  ・ 母体救命の実技を中心とした最低6種類のシナリオセッションを含む

 

  ・ 講習会は3ブースを基本とする(なお各ブースに1名以上の産婦人科専門医がいること)

    (1ブース:受講者6名、インストラクター2名、インストラクター補助2名)

 

  ・ コース開催に関わる費用は、広島県産婦人科医会で管理する

  

​③ 人員と会場の確保

 ・コース開催世話人(ディレクター)が揃わない場合は、本部に相談しましょう

   ・インストラクターは揃っていなくてもあとで公募もできます

  ・講習会を午前から行う場合は、会場を前日から確保しておきましょう

  ・会場は十分な広さを確保し、出来ればシナリオ実習ごとに部屋を分けましょう

  

  J-CIMELS広島の会場設営例(大きい部屋順に記載)

   ① メイン会場:受付、テスト、座学、シナリオ2開催

   ② 救急科会場:BLS実習(胸骨圧迫)、シナリオ1開催

   ③ シナリオ3開催、荷物置き場

   ④ オアシス(お菓子、ジュース)、荷物置き場

  • Facebook - Grey Circle
  • LinkedIn - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now